ヨーロッパ鉄道紀行「明日へのチケット」 | SAKURA BLOOM TOUR
セレッソ大阪と桜にまつわる生活。
<< 世界がおかんを待っている main 富士山すっぱ抜かれ第1弾 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

 - -
ヨーロッパ鉄道紀行「明日へのチケット」
明日へのチケット [DVD]
明日へのチケット [DVD]

前から凄く観たかったのですが、ようやく観れました。
「木靴の樹」のエルマンノ・オルミ、「ともだちのうちはどこ?」「桜桃の味」のアッパス・キアロスタミ、「SWEET SIXTEEN」「麦の穂をゆらす風」のケン・ローチ。それぞれパルムドール受賞経験ありのイタリア、イラン、イギリス代表の3人の巨匠が、「ローマ行きの特急列車での出来事」をお題に共同製作した作品。

鉄道の旅は楽しい。船よりも融通きくし、飛行機よりも味わい深い。
ちょうど今の時期は18きっぷシーズンなわけですが、この時期の米原駅や大垣駅が混み合うのも、決して安価な交通手段だからではないと思うのです。
旅路を急ぐ人にとって、移動時間がネックでしょうけど、あれは一度やってみたらいい。きっぷ一枚がどこでもドアになるんですから。

そんなわけで、映画の登場人物たちも様々な事情でローマ行きの列車に乗り込みます。
オーストリアのインスブルックからは老境の大学教授、ミラノ近郊から白髪の未亡人と美青年、グラスゴーからは初のCL決勝リーグ観戦に沸き立つ、おのぼりさんセルティックサポーター3人組。
そしてアルバニア難民の家族。
彼らの詳細な旅程は、公式サイトのこのページ参照で(ネタバレ注意)。
上記サイトによれば、大学教授以外は同じ列車に乗っていたようで、「恋する惑星」のごとくそれぞれの登場人物が他のエピソードにも登場しています。
【ここよりネタバレ】
出張先でお世話になった妙齢の女性に、恋というには儚い思いを馳せる大学教授。
彼女とのささやかな思い出を反芻する姿に「ああわかるな…」って思っちゃった私はダメ組なのでしょうか。家庭があり既に老境の教授には、そもそもどうにかしようなんて気持ちはなかったのでしょうけども、あのとき目の前にいた親切な女性に「青春の思い出」のドアが開かれたのだな…と。
教授のほのかな思いと戸惑い、初恋の女性、漏れ聞こえてくるショパン、アルバニア難民の少女。これらが甘く絡み合って連れていく結末に、じんわりとした気持ち。
描写は全くないけれど、妙にエロスを感じるお話でした。

傲慢な未亡人と無気力な美青年の話は、後味あまりよくなくて正直きつかったりも…。
ちゅうかこのおばはん面倒くさすぎ。大阪のおばはんでもここまで厚かましくない。作りごとのお話なのに観ていてかなりイラッと来ましたもん。後に出てくる出自を知れば「ああ、そうだからか…」と納得するとこもあるのですが。
今まで流されるように生きてきた青年が、昔の幼なじみと偶然出会うことで、現状にたいして疑問を持つようになる。これも電車のゆったりとした時間の流れがなせるわざなのかな。
しかしイタリアの男性は、本当女性に親切ですねえ。車掌さんといい、諍い起こした相手の男性といい。

で、一番楽しみにしていたのがラストのケン・ローチの作品。
先にも触れましたが、主人公が遠征中のセルティックサポ!
遠征大好きサカヲタとしては、見逃すわけにはいきませぬ。
しかしグラスゴーからローマって、日本でいえばコンササポが九石目指して18きっぷで行くようなもんよね…。
レプリカユニ着て列車に乗り込み、出会ったパチモンのマンUベッカムユニの少年に「ラーション最高!」って声かけられて、ラーションのコールやチャントはじめて盛り上がってるとかバカすぎる(笑)。多分ローマのスタジアムに銅像があったら、セルティックのタオマフ巻き付け記念撮影するタイプ。
ちなみにラーション在籍時、かつサプライヤーがアンブロの時代にCLでローマと当たったことはないようで…「オフサイド・ガールズ」みたく、どっかで現実とリンクしてたらまた面白かったのにねえ。

彼らはサポーター仲間でありつつ、同じスーパーで働く普通の男の子たち。またルックスがいまいちいけてないのがリアル(笑・「フーリガン」のイライジャ・ウッドなんて「嘘やん!こんなかっこいいサポの子しらんわ」って感じでしたからねえ)
そんな、おそらくほぼ身の回りだけの世界しか知らなかった彼らが、トラブルに巻き込まれたことで、世界の状況や難民問題について考えさせられることになる。

あのラストは賛否両論あるだろうし、あの難民の家族にとって本当にいいことなのかわからないけど(中には狡猾な手口を使う人もいるらしいので…)、ああいう行動を取った彼らに爽やかな気持ちを覚えました。さすが世界一のサポーター!

そういえばセルティックサポのロッド・スチュワート、埼スタで「Sailing」歌うとか!
ロッド・スチュワート 浦和ホーム開幕戦で歌う(スポーツ報知)
凄いー。元々サッカー好き/同日に埼玉公演など諸々ラッキーあるけども。けども、よそのクラブでもあったら面白いのにねえ。鳥栖にグリーンデイとか!
オアシスもうすぐ来日するけど豊スタに…って、あれはチャントじゃないですね。生歌で入場…ゴクリ。
それ言うたらセレッソも昔はニューオーダー使ってたんですよ!…と、長居にニューオーダー降臨を夢想しながらシメさせていただきます。
22:23 joy comments(0)
スポンサーサイト
22:23 - -
comment

message :