さよならアジア、またいつか@ACL Round16 2nd Leg:0513広州恒大戦 | SAKURA BLOOM TOUR
セレッソ大阪と桜にまつわる生活。
<< ブラジルで咲き誇りますように main セレッソはウィルコ・ジョンソンになれるか? >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

 - -
さよならアジア、またいつか@ACL Round16 2nd Leg:0513広州恒大戦
おわってしまいました世界への挑戦。
さよならACL。さよならCWC。モロッコ行きたかったなあ。

セレッソ大阪 1−0 広州恒大
:オウンゴール(49')
※トータルスコア2-5につき敗退

仙台戦からガラッと変えてきた! 楠神、ミッチ、龍、小谷が初スタメン! 思い切ったなあ。
そしてまさか無失点で勝てるとは。仙台戦のしょっぱい敗戦で「どうやって広州行きのモチベあげたらええねん」って言うてた知人友人も、少しは報われたかな。

殊に小谷はプロ初出場の試合が、いきなりどアウェーの広州ですよ。でも気後れせず思いきったプレーを見せてくれた。
そういや去年から練習生として、舞洲ではお馴染みの存在だったのですね。昨日はサブ中心のメンツだから、1年くらい一緒にやってたと思えば納得。
スペシャルな選手も必要だけど、やはりサッカーは連携が大事なスポーツなんだなと。

本人もアジアNo.1クラブを零封できたことは、大きな自信になったことかと思います。
染谷もだけど、なにげに獲得した選手がまあ当たり。コスパ的によい補強。本当にひどかった2006年からすれば、贅沢言うたらバチ当たるレベルw

途中出場が主だった楠神とミッチニコルス。いいパフォーマンスでしたよね。
ミッチはシュートの意識が高くて、隙あらば狙ってやるというのを感じた。セレッソはトップ下向きの選手が多すぎるんですが、ミッチはサイド任せられる貴重なタイプ。無理にアーリアや曜一朗をサイドで使うよりいいんじゃないかな。
楠神は(あと龍も)、本当もうちょっとなんだけどなあ。
ゴールという結果出せたら、めきめき自信つけていくと思うんですが。

あ、あとジンヒョン久しぶりに神ヒョンでした。絶対に死守する!って気持ちを感じた。
韓国代表から落選して気落ちしてるんじゃないかと心配したけど、そんな事思ってごめんなさいって感じ。

見ていて凄く伝わってきたのは、「試合に飢えてたんだな。ガチの試合に出たくってたまらなかったんだな」ということ。皆はつらつとして気持ち入ってて、試合に出られる喜びが感じられた。
これまでのスタメンが、皆疲れて頭と心と体がバラバラになってるように見えたんで…。皆ブラック企業でこき使われる会社員みたいで。

前回のACLは震災で中断してたから、月2、3回の公式戦と練習試合だけでして。今年初めてACLの過酷日程を存分に堪能いたしましたのですね。そしたらまたたく間に疲労困憊。今まで出来てたことができなくなったりミスしたり。そしてそれが余計に心に負荷をかけていく。1試合ごとにナイキ(ACL)とアディダス(Jリーグ)のボール使ってるから、微妙なタッチに狂いも出てくるのかな?そういやKリーグはナイキボール?

この過密日程だから、戦術の見直しや徹底も掘り下げてできなかっただろうし、個人技頼みになりますわ。かなりバッサリと選手を切った上にキャンプ開始時から怪我人続出で、Jリーグ開幕以降はまともに練習試合もできない状況だったのでは。試合の検証もできないし、ターンオーバーも出来ない。今日のメンバーをそのまま別チームとして成り立たせるくらいはできたかもだけど(以前の浦項はそうだったみたい)、このメンバーでアウェー行ったら「試合捨ててんか」とか言われるわけで。
ホームやリーグ戦ではフォルラン曜一朗は外せないし(いろいろと介入されていそうな気はする…だから疲労が気になってもタイや広州アウェイでしかフォルラン休ませられなかったのかなとも)、このタイミングで思い切ったからこその勝利。

思えば、この2試合はまるでソチ五輪での浅田真央選手のようにも。
真央ちゃんもSP16位という不振から、あのフリーののびのびした演技まで立ち直った。
メダルが絶望的になったことでこれまで背負っていた重圧が消えて、落ち着いて本番を迎えられたのかな。結果メダルを得ることはできなかったけど、あのフリーの演技にはいまだ涙ぐむ。

セレッソも重圧大きかったんじゃないですかね。
あの大敗がもったいないと言うでしょうが、いい感じで終わってたら、あんな思い切ったメンバーにはならなかったと思う。また疲労の取れない曜一朗やフォルラン使って惜敗だったかもしれない。気抜けした広州とはいえ、このメンバーでアジアナンバーワンクラブに土を付けたことは十分賞賛に値する。顔真っ赤にしたリッピ傑作やったw

しかし、ここで終わりというのは非常に味気ないな…。W杯日程で前倒しになってるから「えっもう?」って。
3年前はまだ万博ACLダービーのチケット発売してなかったかもよw

今回悔しい思いしたことは、きっと選手の経験値になる。サポーターにとっても、二度と足を踏み入れないような場所で、愛するクラブが真剣勝負をする魅力的なステージ(審判のジャッジ以外は)。
だからまた出たい。未知なる世界を見たい。また行こう、アジアへ。

…来年から2ステージ制なんだっけ。邪魔くさいなあ。
あと。自分は監督解任する金あるならカチャル買い取ろうよ派なんですけど、こんなにサポ内の空気悪いならもう切ってもいいよと思えてきた。正直セレスレやセレサポのツイート読むのがきつい。
いまの空気って、麻生元総理が盛大にバッシングされていた時のよう。カップラーメンの値段だとか漢字読めないことだとか、何でもかんでもあげつらってる、バッシングすることが正義だと思ってる空気。

こういう人たちが民主党に投票して、政権交代や!高速代無料や!って浮かれてたんだろうなとも思うけど。

まあいいや、苗場行くことに切り替えよう。
08:38 acl2014 comments(2)
スポンサーサイト
08:38 - -
comment
 面白く読ませていただきました。最後の政治関連のところは、要らんかなと思います。

 ところで、広島が、ACLでは選手を入れ替えて、Jリーグで3位以内に入ることを目指してきたのが、ACLを戦い続けることにあるのなら、セレッソもそうしても良かったと思います。連続して出ることで可能になる経験の蓄積があると思うから。それと、海外で通用する選手を育てる一環だという位置づけもできるし。
 
 これから、一心不乱にリーグ戦に邁進して、来年もACLに挑戦して欲しいです。
8kinko 2014/05/17 11:07
ごぶさたしてます! 拝読いただき、ありがとうございます。
ツイッターなど見ていても、最近ポポへのバッシングがただのネットいじめみたいに思えてきていやーな気分になることが多くて。
こういうの、そういや自民党にお灸を〜とか言うてたときの空気感に似てるなあと思ったものでして…ご忠告ありがとうございます。

前回と違って、今回はかなり過密日程でいろいろと厳しかったようですね。
戦力把握しているクルピが今年も指揮していれば、いろいろやり繰りも可能だったのかなとか。広島も3回目なんで、ノウハウも蓄積されてたと思いますし。

来年から2ステージ制が始まり更なる過密日程が予想されるので、来年以降も日程問題は避けられない気がいたしますが、やはり世界の一級選手とガチで戦う機会はなかなかないですし、できるだけACL、及び上を目指すチームであってほしいなと思います。審判やラフプレーなど懸念はありますが、ACL単純に楽しいです。
管理人 2014/05/21 23:29

message :